予備校、学習塾の必要性について考える【受験生なら塾は必須と思え】

f:id:darjeeling12tf:20190718084843j:plain

こんにちは!

フジくんです!

 

皆さんは

塾ってお金払ってまで行く必要があるのかな?

 

そんな不安ありませんか?

今日は塾のメリット・デメリットなど

自分なりに調べてまとめてみたので

よかったら最後まで読んでみてください!

 

 

 

塾に行く必要性、受験生は必須と思え

私の意見としては必須です。 

 

まず、塾にも色々あるのですが

私の必須と言っているのは

塾の中でも予備校のことです。

 

予備校とは基本的に試験を受ける前提の生徒に

前もって知識や情報を与える場所のことです!

 

東大合格者の2.59人に一人が※東進生と言います。

東進だけでこんなに実績があれば、

他の予備校に行っている合格者も多々いるでしょう。

予備校に行かず高倍率の大学に受かるのは

かなり至難の技と思っています。

 

(※東進ハイスクールという予備校に行く生徒のこと)

 

塾でも復習ばかりの個人塾や

学校のテキストばかりする塾は金の無駄でしょう。

 

難関大、有名大を目指すなら

絶対に大手予備校に行くことを強くおすすめします!

 

 

もう1パターンありますが

それは学校の環境が最悪の場合ですね。

 

勉強を真面目にしたくても

周りの環境のせいで勉強が出来ない生徒が居ます。

 

同級生がうるさい。

先生がパワハラちっくで内容が頭に入らない。

いじめ。などなど、

 

転校までは出来ないなら、

塾は絶対に行ったほうが良いです。

その子の未来や可能性が

環境のせいで消えるのはあまりにも酷なものです。

 

塾に行かなくても良いかもしれない人達

まず、授業についていけてない人たち。

彼らは行かなくてもいいに該当します。

 

正直、授業についていけないレベルでは

予備校は不可能でしょう。

ましてや、

難関大、有名大なんて夢のまた夢です。

 

どうしても成績を伸ばしたい保護者の意思があるならば

復習を主にする塾などの個人塾が良いかなと思います。

 

 もしお子さんの方から塾にそれでも行きたいと言うなら

まずは宿題や勉強を自分から出来るようになってからではないと

お金の無駄ですね。

 

授業を理解するだけなら、

正直、真面目に授業を受けるだけで出来ます。

 

まとめ

如何だったでしょうか?

 

難関大、有名大を合格した人たちで

予備校や学習塾に行ってない人はほとんど居ないのが実態です。

 

勿論予備校に行かずして合格している方も

いるのはいるでしょう。

 

しかし、自分ひとりでは限界があります。

一人に教えてもらうより

二人に教えてもらえるほうが確実に知識は身につくし、

なにより、沢山の過去の試験など

そう簡単に手にはいりません。

過去の試験を受けれるのも魅力の一つでしょう。

 

そして難関大を受けるライバル

学校に居なくても予備校にはたくさんいます。

 

学校ではトップの成績でも

予備校では全体の半分程度の成績かもしれません。

 

ライバルが圧倒的に多くなるのも

力を磨くきっかけになり、

受験が簡単ではないことを分からせてくれます。

 

 

この記事を読んで

 

予備校に行かなきゃ!

お金もったいないからやめさせようかしら。

 

などなど

皆さんの力に少しでもなれれば幸いです!

 

では、また!

 

 

<受験の厳しさ、予備校の大切さ、全てわかります。>

アイドル受験戦記 SKE48をやめた私が数学0点から偏差値69の国立大学に入るまで

アイドル受験戦記 SKE48をやめた私が数学0点から偏差値69の国立大学に入るまで

 

 

↓こちらは読んでみての感想です。

  よかったら参考までに。

www.darjeeling12tf.jp